アメリカ留学は訛りを考えて場所を選ぼう

アメリカに行って英語力をアップさせたいなら、行く場所を選ぶ必要が出てきます。語学学校ならその先生の出身によって訛りがありますし、交換留学なら土地柄でも訛りのきつさが出てくるからです。

 

私たち日本人は、中学、高校とゴリゴリのアメリカ英語を習います。とてもきれいな発音で聞いているので、英語力に自信がある場合でも訛りがあると途端に聞き取りにくくなってしまいます。会話ができないというのは自分にとっては相手に対して罪悪感があり、申し訳なさやもどかしさ、悔しさがあります。一方相手にとっては優しくしてあげないとという配慮や忍耐が必要で、どちらにとっても良いものとは言えません。

 

よって、特に留学の初心者は、留学と言ったらアメリカ!と安易に行き先を決めるのは危険と言えます。早く英語力をアップさせたいのなら、学校教育と似た英語を話す地域選ぶが重要ですし、英語力の総合的アップならあえて訛りのある環境に身を置くというのも荒療治的で良いと思います。