日本よりも進むクレジットカード文化

アメリカ留学や観光でアメリカに行く時に欠かすことができないのかお金です。しかしアメリカは日本以上にクレジットカード文化の為、旅行や留学をするのであればクレジットカードは欠かすことができないものの1つです。
アメリカにおいてクレジットカードは商品を購入することができるものだけではなく、身分を証明するものとしてとても大切です。例えばロサンゼルスに短期留学した時に、ホテルに宿泊するのであれば必ずデポジットを求められました。この時支払いがクレジットカードであれば自動的にデポジットがされますが、現金払いの場合は、一定金額の現金をホテルに預けなければいけません。同じようにレンタカーを利用する時にも、デポジットが必要になります。
このように様々なところで、デポジットが請求されるのでクレジットカードがないと毎回現金払いをしなければいけません。クレジットカードがあれば身分的な信用があると言うことになるので、アメリカを訪れる際には必ずクレジットカードを用意していくことが大切です。